株式会社ワクコンサルティング

コンサルタント紹介

土生 英男 Hideo Habu

ディレクターコンサルタント

経歴

  • 法政大学工学部経営工学科卒業
  • 1973年 現ソニーEMCS木更津工場;製品組立工場)入社。
    資材購買、工場事務工程分析~事務改善プロジェクト経験後、生産管理システム開発・導入。
    工場IS部門として他2工場横展開。その後、CAD/CAM連携、自動倉庫・物流連携、人事管理連携、設備管理等拡張。
  • 1983年~ソニー本社、オーディオ事業部製販改革、コーポレート部品表改革プロジェクトへの参画。
  • 1990年~マレーシアVTR工場立上げ支援、海外部品支給システム開発、メキシコVTR工場ERP導入。
  • 1993年 木更津工場インベントリー削減プロジェクトにて「理論値基準モデル作りとギャップ分析」手法で半減達成
  • 工場規模拡大に伴う各種オペレーションの混乱、悪循環(在庫、購買、計画、設変・部品表)をSBU依頼で収拾(1991年木更津工場、1994年マレーシア工場)
  • 2000年~工場別システムの、個別優位性と標準化・共通化ニーズを両立させるべく、「巨艦型基幹システムもモジュール分割、組合せ構造化できる」と提唱してプロジェクト立上げ、5工場横展開。
  • その他工場実務経験;技術情報管理(部品表・設変、図面、作業標準・同時間管理)、ゲーム機ビジネスの基幹製造部門(ソニーとして当時新規ビジネス)の立上げに従事。
  • 2004年~(株)マーズコーポレーションにて、ソニー受託業務(IT系SBUのオペレーション改革支援、コーポレートJ-Sox対応支援)、医療機器メーカー業務プロセス改革支援、SE・コンサルタントへの工場オペレーション改革問題のアドバイス、セミナー依頼対応等に従事。
  • 2011年~東大ものづくりMMRCとの接触を開始。現在朴英元特任准教授の下、コトづくりオープンイノベーション推進研究会員として、「“個別ものづくり思考の枠組み”を超える観点からの新たなサービス価値」について多彩なメンバー交えて取り組み中。
コンサルティング分野

1)生産管理、SCMに係る業務及びシステム改革の支援

  • 品目コード管理、製造部品表/設変、製販/生産計画、MRP、購買、在庫/物流、製造・品質管理、受注/出荷管理、原価管理、工数/生産性管理、トレース管理等
  • 需要変動対応体質に関する諸課題のソリューション

2)PLM(製品ライフを通したマネジメント、統合部品表管理)支援

  • 製品企画、設計/試作、試作購買、新製品製造立上げ、カスタマーサービス、生産終了に至るプロジェクトマネジメント及び、製品基準情報の統合管理
  • 製品寿命短命化対応体質に関する諸課題のソリューション

3)グローバル工場展開に係る業務システム課題ソリューション支援

  • マザー工場、サテライト工場間の多様、多段階の連携課題
  • OEM、ODM展開に伴う連携のカギ、“品目コード問題

4)工場オペレーション改革支援者への支援

  • ソリューション営業にとってのお客様課題の“つかみ”のために
  • “業務が見える、気の利く”支援技術者と評価されるために
コンサルティング実績
書籍・論文