株式会社ワクコンサルティング

コンサルタント紹介

三宅 信一郎 Shinichiro Miyake

ディレクターコンサルタント
自動認識基本技術者
(社)日本自動認識システム協会(JAISA)認定・次世代電子商取引推進協議会 
(ECOM)電子タグ普及WG幹事兼客員研究員
(財)生涯学習開発財団認定コーチ

経歴

北海道大学 経済学部経営学科卒業。
日商岩井(株)(現 双日)にて、製鉄、非鉄・一般産業機械プラントの輸出輸入国内営業・ 新規事業開発業務に従事。その間の5年間、南アフリカ ヨハネスブルグに機械担当駐在員として 駐在。
(株)日本ビジネスクリエイトにて、ビジネス開発本部長として、日本ヒューレット・パッカード 社との合弁会社設立に従事するなど新規事業開発分野に関わる。
日本ヒューレット・パッカード(株)では、CRM・営業改診断コンサルティングに従事するとともに、 最新技術であるRFID(ICタグを使った自動認識技術)を活用した新規事業開発を行う タスクフォースチームのリーダーを務め、1.5年という短期間で事業化に成功し、 ヨドバシカメラ、日本通運などをはじめとする多くの案件を創出、売上向上に寄与する。
(株)BFCコンサルティングを設立し代表取締役となり、同時にワクコンサルティングに参画し、 執行役員・ディレクターコンサルタントになる。

コンサルティング分野

1)新規事業開発(新規事業戦略強化、ソリューション提案力強化・営業力強化支援)
新しい技術(たとえばRFIDなど)や新しい考え方・コンセプト(サービスサイエンスなど)を活用し、 クライアントの既存コアビジネスの強化を図るための戦略立案、新しいソリューションの開発、 新規事業の開発、マーケティング力、提案力、ソリューション営業力などの強化を支援。

2)RFID導入診断コンサルティングサービス
RFID等自動認識技術を導入して自社ビジネスプロセスの改革・改善を検討しようとしている クライアントに対して、現場ヒアリングを行い、ToBeモデル立案、課題抽出、適応可能性領域の選定、 適応RFIDソリューションの推薦、導入シナリオ作成などRFID導入に向けての戦略立案・企画書の 作成を支援。

対象業種
・製造業(電気・電子、家電、自動車、自動車部品、製薬、食品、重工業ほか)
・流通通小売業
・サービス業
・卸業・総合商社
・物流業
・運輸業
・建設業

コンサルティング実績

・大手総合家電メーカー向け新規事業開発戦略立案
・大手家電量販店向けRFID活用型新規事業開発導入戦略立案
・大手物流会社向けグローバル新規事業開発導入戦略立案他
・自動車部品メーカー向け営業・マーケティング改革診断
・サービス業向け事業戦略強化支援ほか
・大手ハイテクメーカー向け新規事業戦略立案および実支援行・営業部隊コーチング

書籍・論文