株式会社ワクコンサルティング

コンサルタント紹介

望月 常次 Tsuneji Mochiduki

エグゼクティブアドバイザー

経歴

成蹊大学工学部機械科卒業。
成蹊大学大学院機械科修士課程修了
(財)日本自動車研究所 自動車の騒音振動の研究に従事
日本IBM(株)
某自動車会社との研究開発分野におけるワークステーション活用に関する
共同研究に従事し、インダストリー端末/実験システムの企画と営業推進を歴任
その後日本IBMにおけるCIM(Computer Integrated Manufacturing)の営業企画を立案し
CIM関連ビジネスの営業支援としてコンサル業務を行う。
製造業のお客様向けコンサル事業を立ち上げ、主席コンサルタントとして主要各社の業務コンサルティングを行う。

母校である成蹊大学工学部で非常勤講師として「先端工学」の講座を担任
日本IBM(株)を退職し、現職に至る。

コンサルティング分野

1)業務領域から見て

研究開発の業務改革として、開発リードタイム短縮、開発生産性向上、開発品質向上。
CIM構築として、全社CIM化企画、生産管理の高度化、工程管理の高度化。 
ERP/SCPパッケージ導入として、ERP/SCPパッケージ導入企画、ERP/SCPによるプロセス革新。
間接業務の効率化として、ABC/ABM分析による管理間接改革、管理指標の設定と管理プロセス確立。
営業業務の改革として、お客様視点(CVM)による課題解決、CRMによる営業の生産性向上。
SCM構築として、納期確約、生産・流通在庫削減、サプライチェーンリードタイム短縮、調達リードタイム短縮。
特にSCMにおいては、グローバルの需給管理、グローバルの在庫削減について多くの実績を持つ。

 

2)業種から見て

家電・電子 
自動車・自動車部品
機械加工・組立
等々

3)メソドロジーからみて

CPS(Customer Planninng Session)
CIM CP(Computer Integrated Manufacturing Consultation Program)
ABC/ABM(Activity Based Costing / Activity Based Manegiment)

コンサルティング実績

一部上場製造業を中心に、

1)家電・電子業界
設計開発業務の改革、グローバル部品表の構築、CIMの構築、間接部門の効率化、営業部門の生産性向上(CRM)、SCMおよびグローバルSCM構築など多岐にわたるテーマについて30社近くのお客様にコンサルティングを提供。
とくに最近ではグローバルSCM構築についてERP/SCP導入を前提としたコンサルティングを多く実施。

2)自動車・自動車部品業界
CIM構築の一環としての生産管理構築、部品表再構築などのテーマについて現場の管理業務の高度化を含めたコンサルティングを提供。

3)その他産業
各国個別にお客様に部品提供していた産業においてグローバルな需給管理の要求が高まりグローバルSCM構築のコンサルティングを提供。お客様満足度向上の視点からの営業改革のコンサルティングを提供。
等々のコンサルティングを実施

書籍・論文