株式会社ワクコンサルティング

サービス

研修

業務プロセス研修

製造業業務プロセス研修の特徴

ワク製造業研修は、製造業業務プロセス研修を基盤として、ニーズに応じて、拡張しています。

業務プロセス研修の基本メニュー

研修の基本形をもとに、お客様のニーズに応じて、構成を調整し、ご提供させていただいています。

研修レベル No 研修コース名称 日数 職種別 実務年数別
システムエンジニア系 ソリューション営業系 コンサルタント系 新入社員 2~5年 中堅
入門編レベル0 B001 新入社員向け 製造業のしくみ 2    
B002 新入社員向け 流通業業務プロセス入門 3      
B003 新入社員向け 製造業業務プロセス 5    
基礎編レベル1 B101 製造業業務プロセス 2~4    
B102 流通業業務プロセス 2~3    
中級編レベル2 B201 実践S&OP 1    
B202 実践基準情報管理(BOMを中心として) 1    
B203 実践MRP 1    
B204 実践在庫管理と在庫削減 1    
B205 実践 SEのための製造原価管理 1    
B206 流通アドバンスト 専門店チェーン業務プロセス 1~2  
B207 中国工場品質管理研修 1~1.5 ※1  
上級編レベル3 B301 リードタイム短縮の進め方 1        
B302 S&OP構築の進め方 2~3        
B303 生産業務改革ケーススタディ 3        
B304 ソリューション提案営業の進め方 1      
B305 お客様業務を知る(意識改革目的の研修) 1      

※1 ・中国工場の品質管理責任者及び担当者
      ・調達先中国工場の部品や材料の品質責任者及び担当者
      ・これから上記業務を担当される予定の方

業務プロセス研修の概要 レベル0:入門コース

新人研修のために設けたコースです。製造業や流通業の業務の基本を分かりやすく学んで貰います。また、SI会社やコンサルティング会社においては、若手社員にSAP社のアカデミーを受講させる前の準備コースとしてもご利用いただいています。

コース番号研修コース名研修の目的・内容期間
B001 新入社員向け 製造業のしくみ

製造の仕組みを演習を通じて体験的に学んでいただくコースです。

まず、菓子の製造をモデルにレシピ(部品表(BOM))を考えます。
次に生産者の立場からそれらの部材の調達の仕方(内製・外製)を考えます。
それらを加工・組立する工程を次に考えます。続いて、販売予測に基づいて生産計画を立てます。
その生産計画に基づいて部材を調達するためのMRPや購買の仕組みを学び、
最後に原価を中心として工場管理について学びます。
この研修を通して、工場の生産に直結する基幹業務を経験的に理解します。

2日
B002 新入社員向け 流通業業務プロセス入門

流通業業務を構成する基本的な要素を、IT提供者向けにわかりやすく整理し、
短期間(2日~3日)で、流通業そのものを実感してもらい、
業務自体を具体的にイメージできる知見を養うことが狙いです。

解説の視点を、IT提供者側ではなく、消費者に置いています。
システムの戦略的活用や位置づけといった上流ではなく、
現場業務とそれに関連する基本的なITの解説が90%を占めています。
これから、IT提供者として<流通業全般に対応する際の常識>⇒流通業者とのコミュニケーションには、必須となる知見を得ていただくためのコースです。

3日
B003 新入社員向け 製造業業務プロセス研修

上記のB001コースで演習を通じて経験的に理解する各基幹業務について、
体系的な講義を加えて知識の深堀と体系化を行います。
また、B001ではカバーしていないマーケティングや製品開発、S&OPや在庫管理、
製造業のIT、日本の製造業の位置づけなどのテーマもカバーし、
製造業に関する網羅的な理解を獲得します。

5日

業務プロセス研修の概要 レベル1:基礎コース

製造業や流通業における実務経験のないSEやコンサルタントが客先の人と対話するのは難しいものです。製造業や流通業の業務の仕組みを体系的に学ぶことにより、客先との対話力、問題把握力、提案力を高めます。また、大型プロジェクトの立上げに際しプロジェクトメンバーの知識レベルを揃えるためにも使えるコースです。

コース番号研修コース名研修の目的・内容期間
B101

製造業業務

プロセス

製造業のサプライチェーン(計画、調達、生産、販売、物流)と開発設計、BOMなどの基準情報、品質管理に関する業務の基礎を学ぶことにより、

①お客様が業界用語を交えて説明される話が理解でき、円滑なコミュニケーションがはかれる

②お客様の要求を的確に把握できるようになる

③従って業務要件の確定が早く正確になり、ERP/PDM導入やSCM/PLM構築の上流工程の手戻りをなくすことを目的とするものであります。

2日~4日
B102

流通業業務

プロセス

流通業務、業界の基礎知識を学ぶことにより

①お客様が業界用語を交えて説明される話が理解でき、円滑なコミュニケーションがはかれる

②お客様の要求を的確に把握できるようになる

③従って業務要件の確定が早く正確になり、ERP、CRM、SCM構築・導入の上流工程の手戻りをなくす ことを目的とするものであります。

2日~3日

業務プロセス研修の概要 レベル2:中級コース

初級コースの内容をもっと掘り下げて理解したいという方のための掘り下げコースです。下記のテーマについて掘り下げを行ないます。

コース番号研修コース名研修の目的・内容期間
B201 実践 S&OP

国内におけるSCM導入の動きから10年以上が経過した今、企業各社が抱える新たな課題を示しながら、経営側からの事業計画と業務側からの実行計画を連動させるS&OPの概要について学びます。

①企業の抱える新たな課題が理解できます。

②S&OPとは何か、従来の方法との違を理解できます。

③S&OPによる効果を理解できます。

1日
B202 実践 基準情報管理 (BOMを中心として) BOMの基本に加え、「製造業情報システムにおけるBOM」や「産業別BOMの特徴と今後の展開」 などBOMを様々な視点から深堀します。 1日
B203 実践 MRP MRPは、企業の基幹システムであるにもかかわらず、理論のみに流れ、実践的な運用を学ぶ場は限られています。 当研修コースはそのニーズに応えるもので、
・MRPの理論のみならず、その運用についての課題やポイント ・MRPと製番方式、カンバン方式などとの違いや併用等について習得します。
1日
B204 実践 在庫管理と在庫削減 企業のキャッシュフローを大きく左右する在庫管理の仕組みや在庫削減の進め方を、ケーススタディを通して体験的に学ぶとともに、在庫削減の課題やポイントについても習得します。 1日
B205 実戦 SEのための製造原価管理

原価は経営管理の基盤であり、その元となる情報の多くは、
日常の全業務活動、そしてITシステムから収集され、
どのような領域の業務改善やITシステム構築においても、
原価との関わりを知ることは大切な要素となります。

しかしながら、「原価はとっつきづらい」との先入観念から、知識習得は敬遠されがち。
当研修コースは、そのニーズに応えるもので、製造原価管理の視点と、
ポイントとなる知識を習得します。

原価管理構築、ITシステム構築にかかわる方々の入門として、また、他の業務改善・IT化を進める際、
最低知っておきたい原価知識習得に焦点をおいた研修コースです。

1日
B206 流通アドバンスト 専門店チェーン業務プロセス

流通業の中で、小売業・専門店にフォーカスを絞り、仕入・商品開発の川上側から、消費者のいる川下側までの業務プロセスと、専門店が内包する業務機能を詳細に把握することが狙いです。

・小売業の中でも専門店ならではの業務を、特徴を切り出して詳細に解説します。

・業種(取扱い商品)と販売スタイル(高級専門からディスカウントまで)について、それぞれを詳細に解説します。

・専門店ゆえに有効なIT技術&ソリューションを業務と組み合わせて解説します。

業務の解説を専門的かつ詳細にし、それに関係するIT技術とソリューションの現状と未来を、<どうしたら業務の役に立つか?>という業務視点に焦点をおいた研修コースです。

1日
B207 中国工場品質管理研修

どこの中国工場でも起きる問題点を4Mの視点で捉えます。
中国事情や中国人を理解することで、円滑なコミュニケーションを取れるようになります。
そして、自社中国工場及び取引先中国工場を指導するときのポイントを習得します。

1~1.5日

業務プロセス研修の概要 レベル3:上級コース

コンサルタントやSEにお客様をリードできる力を付けるためのコースです。 実績あるコンサルタントがそのノウハウを語ります。

コース番号研修コース名研修の目的・内容期間
B301

リードタイム
短縮の進め方

製造業は、需要の変動に機敏に対応できる態勢を整える必要に迫られています。それにより、変動の激しい顧客の要求に対応してビジネスを確保すると共に、需要に合わないモノを造るムダを省いて利益率を向上させることが出来ます。

そういう態勢を築くキーはリードタイムの短縮です。この講義では、リードタイムの構成要素を理解し、どうしたらそれが短縮できるかを学びます。

1日
B302

S&OP構築の
進め方

国内におけるSCM導入の動きから10年以上が経過した今、企業各社が抱える新たな課題を示しながら、経営側からの事業計画と業務側からの実行計画を連動させるS&OPの構築の進め方について学びます。

①企業の抱える新たな課題を理解し、S&OPとは何かを理解できます

②具体的な事例に基づき、S&OPの具体的な構築の進め方を実践できます

③S&OPによる効果を理解できます

2日~3日
B303

生産業務改革
ケーススタディ

現状分析からはじめて、業務上、情報システム上の課題の見つけ方、プロジェクト目標設定、業務改革テーマの設定、業務や情報システム構想(ありたい姿)の作り方、業務設計などのアプローチ、進め方を学ぶとともに、実際のケースをもとにその適用方法を学びます。またこの過程を通じて生産実務に対する理解を深めます。 3日
B304

ソリューション提案営業の進め方

ハードウェアはもとより自社で扱うERPなどのパッケージソフトウェアをそのまま提案しても、受け入れられる時代は終焉した。顧客視点に立って、顧客の経営のニーズにマッチしたソリューション提案が必須となっている。当研修コースは、そのニーズに応えるため、

①ソリューション提案の進め方

②ソリューション提案書の書き方の基本を習得する

ことを目的とするものです。

1日
B305

お客様業務を
知る

ソリューション系ビジネスにおいて、コンサルティング営業を実践するためには、業務知識は不可欠ですが、営業の方々の中には、業務知識について重要性の認識が低い、もしくは、うまく活用されていない方々も見受けられます。

当研修は、業務知識をもつことで、ビジネス発掘の視野が広がり、さらに質の高い営業活動が行いえることをご理解いただくための意識改革指向の研修コースです。

1日

お客様ニーズに対応したスペシャル研修

基本メニュー以外にも、お客様ニーズに応じて、スペシャル研修を提供しています。

製造業の業種別特徴を加味した研修コース

研修コース名研修の目的・内容期間
製造業業務プロセス研修
(自動車製造業版)
製造業業務プロセス研修をベースに、自動車製造業の特徴を強化した研修コースです 1日
製造業業務プロセス研修
(電気機器製造業版)
製造業業務プロセス研修をベースに、電気機器製造業の特徴を強化した研修コースです 1日
製造業業務プロセス研修
(プロセス型製造業強化版)
製造業業務プロセス研修をベースに、プロセス型製造業の特徴を強化した研修コースです 1日

グローバルシリーズとしてご提供した研修コース

研修コース名研修の目的・内容期間
グローバル S&OP S&OP研修をベースに、グローバル視点からの説明を強化した研修コースです 1日
日本企業がグローバル
展開で直線する課題
日本の製造業がグローバル展開を行う際に、直面する課題を理解する研修コースです 1日
グローバルアウトソーシング成功のために グローバル視点でのアウトソーシングを行う際の成功要因を理解する研修コースです 1日
お問い合わせ   資料ダウンロード