株式会社ワクコンサルティング

サービス

研修

オープン研修のご案内

オープン研修のご案内

オープン研修とは弊社主催にて研修を企画し、様々な企業合同で研修を実施する形式で行います。

お客様からは以下のようなお声を頂き、弊社でオープン研修を企画をし業務に関わる基礎的な研修から

実践的な研修まで毎年実施しています。

● 少人数から参加させたい→1名から参加が可能

● 年複数回開催できると日程調整がしやすい→複数回開催

● 他社との交流をすることで、刺激を与えたい→IT企業・製造業企業の合同開催

● アンケート結果:平均満足度:85%  

● 16年で総受講者数8800名以上

 

 

NO カテゴリ コースコード 研修タイトル 研修会場 日数 日程

お一人様価(円)

1 基礎研修 OPB1001 流通業業務研修(基礎編) LIB セミナー室 1 7月9日(火) 受付終了
2 OPB2001 製造業業務プロセス研修 TAC 八重洲校 2 8月6日(火)~7日(水) 受付終了
3 OPB2001 製造業業務プロセス研修 新大阪丸ビル別館 2 10月8日(火)~9日(水) 70,000
4 OPB2001 製造業業務プロセス研修 TAC 八重洲校 2 11月6日(水)~7日(木) 70,000

5

業務×基幹システム研修

OPS2001

製造業の業務と基幹システム研修 TAC 八重洲校 2 7月2日(火)~3日(水) 受付終了

6

OPS2001

製造業の業務と基幹システム研修 TAC 八重洲校 2 12月10日(火)~11日(水) 80,000
7 実践研修 OPA1001 流通業業務研修(実践編) LIB セミナー室 1 9月11日(水) 受付終了
8 OPA1002 IOT・AI時代のICT営業・SE研修(小売業) LIB セミナー室 1 10月10日(木) 55,000
9 OPA1003 グローバル生販在計画とS&OP LIB セミナー室 1 9月12日(木) 受付終了
10 OPA1004 SCMの結果として顕在化する「在庫」とその削減方法      LIB セミナー室 1 10月17日(木) 55,000
11 OPA1005 SCMの最重要要素であるLTとその短縮による企業の機敏性、柔軟性向上の視点 LIB セミナー室 1 11月12日(火) 55,000
12 OPA1006 日本企業に求められる実践的S&OP LIB セミナー室 1 11月14日(木)

55,000

 






2019年度研修

製造業業務プロセス研修  ~製造業の全体像をイメージする人材を育成~

製造業のサプライチェーン(計画、調達、生産、販売)やBOMなどの基準情報に関する業務の基礎を学ぶことにより、お客様が業界用語を交えて説明される話が理解でき、円滑なコミュニケーションがはかれる事、お客様の要求を的確に把握できるような人材育成を目的としています。

1回目: 8月6日(火)~7日(水)9:30~17:30@東京 TAC八重洲校

2回目: 10月8日(火)~9日(水)9:30~17:30@大阪 新大阪丸ビル別館

3回目: 11月6日(水)~7日(木)9:30~17:30@東京 TAC八重洲校




流通業業務研修(基礎編)~流通業界全体を俯瞰し、小売業・卸売業・CPGの基本的役割を業務中心に理解~

日時:7月9日(火)9:30~17:30 @東京開催 TAC八重洲校

流通業界全体を俯瞰し、小売業・卸売業・CPGの基本的役割を業務中心に理解する研修です。当研修は、「知識のつまみ食い」=「知っている」 にとどまらず、川上から川下に至る流通業全体について、事象の背景を含めた一段上の理解に導くものです。


 




製造業の業務と基幹システム ~製造業支援システムの全体像を理解し活用の為のシステム利用技術の向上を目指す~

日時:7月2日(火) ~3日(水) 9:30~17:30 @東京開催 TAC八重洲校

流製造業の全業務を支援する基幹システム(開発設計・製造・購買・販売・在庫・物流・管理部門のITアプリケーションシステム)の基礎知識を習得します。上記の内容を習得することで、顧客からの業務要件を的確にシステム機能要件に対応させ、迅速且つ無駄のないシステム開発を行うSE力の向上を目指します。



【好評につき追加開催決定】

日時:12月10日(火) ~11日(水) 9:30~17:30 @東京開催 TAC八重洲校





流通業業務研修(実践編)
~各企業の課題と最新テーマの適合とは~
~省人化・自動化・共同化・PB・EC統合・IoT・ビッグデータ・AI・物流可視化・キャッシュレス~

日時:9月11日(水) 9:30~17:30 @東京開催 ㈱リブコンサルティング セミナールーム

流通業各業の課題を整理し、注目されている最新テーマがどの程度マッチするのか、本物の実企業を想定して検討することを通じて、流通業界/小売業・卸売業・CPGの各企業に対する提案や価値提供を準備するために必要な要素を、実践的(限りなくリアルに近い)カタチで把握できます。





IOT・AI時代のICT営業・SE研修(小売業編)
~「ささる提案力」アップ講座~

日時:10月10日(木) 9:30~17:30 @東京開催 ㈱リブコンサルティング セミナールーム

小売企業の課題・問題点を的確にヒヤリング・分析した上で、自社製品・サービスを「ささる提案」(費用対効果を鮮明にして)仕立てる力の養成をめざします。





 

グローバル生販在計画とS&OP
~SCMの重要な要素である計画とリードタイム、その結果としての在庫の関連性~

日時:9月12日(木) 9:30~17:30 @東京開催 ㈱リブコンサルティング セミナールーム

生販在計画はSCMの出発点であり、生販在計画の良し悪しが企業の収益性を大きく左右します。更には、それがグローバルな生販在計画となると、その影響は世界中の拠点にまで及ぶことになり、精度の低さは失注(売上減)、欠品、納期遵守率低下、顧客満足度低下、在庫増、無駄の増加、生産性低下、コストアップ等、様々な問題を引き起こします。本講座では、生販在計画の重要性とその仕組み、及び昨今急激に注目を集めているS&OPや改革ポイントについて、グローバルな視点を交えながら学びます。


 




SCMの結果として顕在化する「在庫」とその削減方法
~SCMの重要な要素である「計画」「在庫」「リードタイム」の関連性~

日時:10月17日(木) 9:30~17:30 @東京開催 ㈱リブコンサルティング セミナールーム

在庫削減は製造業の定常的な課題であり、その解決のためには在庫に関する正確な知識が不可欠です。在庫の持ち過ぎは、資金繰りを悪化させ、コスト増につながり利益率を落とします。本講座では、企業のキャッシュフローを大きく左右する在庫管理の仕組みや在庫削減の進め方を、ケーススタディを通して体験的に学ぶとともに、在庫削減の課題やポイントについても習得します。





 

SCMの最重要要素であるリードタイムとその短縮による企業の機敏性、柔軟性向上の視点

日時:11月12日(火) 9:30~17:30 @東京開催 ㈱リブコンサルティング セミナールーム

製造業は、需要の変動に機敏に対応できる態勢を整える必要に迫られています。それにより、変動の激しい顧客の要求に対応してビジネスを確保すると共に、需要に合わないモノを造るムダを省いて利益率を向上させることが出来ます。リードタイムの短縮は、そのような仕組みを築くための重要なキーとなります。本講座では、エンジニアリング チェーンとグローバルなサプライ チェーンの両方からリードタイムの構成要素を理解し、どのようにそれを短縮できるかを学びます。


 




日本企業に求められる実践的S&OP
~SCMの発展系としてのS&OP導入に向けて~

日時:11月14日(木) 9:30~17:30 @東京開催 ㈱リブコンサルティング セミナールーム

国内におけるSCM導入の動きから20年近くが経過した今、企業各社が現在抱える新たな課題を示しながら、SCMにおける次の施策ともいうべき、経営側からの事業計画と業務側からの実行計画を連動させるS&OPの概要や従来のSCMとの違い、さらにS&OPを実現するために必要な実践的な仕組みについて学びます。