株式会社ワクコンサルティング

セミナー情報

 サービスサイエンス研修 基礎編 オンライン版
~サービスの本質を科学して、コロナを越えてサービスを進化させる~

 Withコロナ時代を迎えた新たなサービスの在り方を考える

開催日時

11月12日(木)  13:00~17:00

研修内容

コロナショックにより密から疎へとライフスタイルやワークスタイルが変化する中で、新たな視点でのサービスの価値向上や顧客との関係性の向上が課題になっています。そこで今、目に見えない“サービス”の本質を理解し直し、ポストコロナを見据えたサービスモデルの設計と変革にチャレンジする企業が増えています。
当研修では、サービスの本質論に加え、実際に新たなサービスの在り方を推進するための方法論を、事例と共に学んで頂きます。

<特徴>

■講師が現役コンサルタントのため、事例を元にした実践的な講義を主体としております。

■当研修でサービスの本質と、自社サービス事業を成長させるための方法論を身に付けた人材が育ちます。  

■Q&Aを通して、個別のご質問にも対応させていただきます。

 

<対象>

あらゆる業種のサービス開発やサービス向上を推進するリーダーや組織長、サービス経営人材の方
*BtoB、BtoCは問いません。製造業のサービス化にも対応しております。

スケジュール

日程 講義内容 タイムスケジュール
1日目 オープニング 13:00~13:30

今の時代を再認識する ~ポストコロナを見据えて~

13:30~14:00

サービスを科学する ~サービスをモデル化する~

 14:10~14:40

サービスの本質とは ~事前期待の的を定義する~

14:40~15:10

成果への分岐点 ~まぐれ当たりのサービスから卒業する~

15:20~15:40

改革を阻む6つの壁を乗り越える ~顧客不在の壁、建前の壁、

闇雲の壁、実行の壁、継続の壁、情熱の壁~

15:40~16:00
Q&A ディスカッション  16:10~17:00 

受講者の声

  • ■これまで曖昧にイメージしていたサービスについて、サービスや顧客満足の本質が明確に見えた感じがした。

    ■“事前期待”や"サービスプロセスのモデル化"については意識が希薄であったことに気付かされた。自社でさらに検討してみたい。

    ■とても分かりやすく、他のメンバーとのディスカッションが面白かったです。

    ■本研修を通して、自社・自身が提供しているサービスを見つめ直すきっかけが出来ました。

    ■自社の他のメンバーにもサービスサイエンスを理解させ、自社サービスの向上に役立てようと思います。

    ■大変有意義でした。今後自社でも活用していきたいと思います。

講師プロフィール

松井 拓己(まつい たくみ)

講師

サービス改革の専門家として、業種を問わず数々の企業の支援実績を有する。国や自治体、業界団体の支援や外部委員、アドバイザーを兼務。東京工業大学サービスイノベーションコース非常勤講師のほか、サービスに関する研究会のコーディネーターも務める。業種を越えたサービス改革の専門家としてメディア取材を受けるなど、さまざまな方面で活動。

岐阜県出身。株式会社ブリヂストンで事業開発プロジェクトリーダー、ワクコンサルティング株式会社(平均年齢62歳180人)の経営およびサービス改革チームに参画した後、現職。

代表著作:シリーズ「日本の優れたサービス1、2~6つの壁を乗り越える~」(生産性出版)

専門分野:サービスサイエンス、サービスモデルマーケティング、サービス事業改革、顧客満足やサービス品質のステージアップ、サービス経営人材育成

締め切り日

10月29日(木) (定員50名)

※キャンセルポリシーはこちら>>

日程

11月12日(木) 13:00~17:00 

会場

オンライン(Zoom会議システム活用)

参加費

受講料:20,000円(税別)

※研修終了後、請求書を送付いたします。

お問い合わせ先

0466-45-7451

  日程 会場 お問い合わせ先
11月12日(木) オンライン(Zoom会議システム) 0466-45-7451