株式会社ワクコンサルティング

コンサルタント紹介

亀山 正俊 Masatoshi Kameyama

シニアディレクターコンサルタント

経歴

・ 1975年3月 東京工業大学工学部制御(電気系)学科 卒業
・ 1975年4月 三菱電機入社。工場の研究部門にて計算機関連の研究開発に従事。
・ 1976年-1977年 大容量漢字表示装置の開発に従事。
・ 1978年-1979年 端末制御用マイクロプロセッサの開発に従事。
・ 1979年-1980年 カナ漢字変換システムの開発に従事。日本語ワープロに適用。
・ 1981年-1984年 エンジニアリング・ワークステーションの開発に従事。ビットマップディスプレイ、2次元グラフィックス・エンジンの開発などに従事。
・ 1985年9月-1986年10月 米国マサチューセッツ工科大学(MIT: Massachusetts Institute of Technology)メディア研究所客員研究員(会社より派遣)。「3次元グラフィックス・パイプラインのシミュレーション」の研究。
・ 1986年 主事に昇格。三菱電機情報技術総合研究所に帰任。
・ 1986年-1987年 画像符号化複合化のためのマイクロプロセッサの開発に従事。
・ 1987年-1988年 エンジニアリング・ワークステーションのための2次元グラフィックス・エンジンを開発。
・ 1989年‐1991年 3次元グラフィックス・エンジンの開発に従事。雲の3次元表示システムに適用される。
・ 1990年‐1994年 制御用マンマシン端末の開発に従事。プラント監視システムに適用。
・ 1991年 グループ・マネージャに昇格。
・ 1995年-1998年 パソコン用3次元グラフィックス・エンジンの開発に従事。ジオメトリ・エンジンの開発に従事。
・ 1996年-1998年 大画面表示システムの開発に従事。監視システムに適用される。
・ 1999年-2000年 航空管制用高解像度表示装置の2次元グラフィックス・エンジンの開発に従事。
・ 1999年-2000年 神奈川大学経営学科非常勤講師。「コンピュータ・グラフィックスの基礎」を講義。
・ 2000年 部長に昇格。
・ 2001年 FA用表示装置の2次元グラフィックス・エンジンの開発に従事。
・ 2002年‐2004年 携帯電話用3次元グラフィックス・エンジンの開発。コア技術を他社に販売。
・ 2003年 部門統轄に昇格。
・ 2002年-2004年 ドーム・ディスプレイの開発に従事。フライト・シミュレータや特殊車両のドライビング・シミュレータに適用。
・ 2004年-2008年 米国研究所MERL(Mitsubishi Electric Research Laboratories)上級副社長。報償システムの改善、研究テーマの入れ替え、新しいプロジェクトの開発、開発した技術の三菱電機への移転などを行う。
・ 2005年 MITのビジネス・スクールであるスローン校にて「エグゼクティブMOT(Management Of Technology)」(2週間の集中講座)を修了。
・ 2008年-2013年 三菱電機人材開発センター長。ビジネス教育(イノベーション、経営戦略、リーダーシップなどの教育)を強化した。講座数を約1.5倍に増加させた。
・ 2013年-2018年 人材開発センター・シニアアドバイザー。「イノベーション・マネージメント」、「経営戦略のフレームワーク」、「マネージメントとリーダーシップ」などの講義を行う。
・ 2014年-2020年 立命館大学大学院理工学研究科非常勤講師。「イノベーション・マネージメント」の講義を半期で7回行う。
・ 2018年 三菱電機を定年退職。
・ 2018年-現在 企業研修のコンサルティングや講師を派遣するビーゲートコンサルティング株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。
・ 2018年-現在 国立研究開発法人農業・食品産業総合研究所(以下、農研機構と称す)の非常勤顧問。指導員の研修プログラム開発、農業分野におけるAI教育のプログラムの開発などに従事。

コンサルティング分野

1)農研機構において普及員のための研修プログラム開発支援
 ・ プログラムの全体構想をデザイン。
 ・ モチベーション・アップ、改善方策についても支援。

2)農研機構においてAI教育のプログラム開発を支援
 ・ プログラムの全体構想をデザイン。
 ・ プログラム開発における基本的な考え方、手法について支援。

コンサルティング実績

(特許関連/資格/学会活動)
1)特許を約30件出願
2)2005年 東京工業大学より工学博士を授与。研究テーマは「携帯機器のための高速3次元グラフィックス描画に関する研究」。
3)1996年-1997年 画像電子学会理事
4)2008年-2009年 関西工学教育協会理事
5)2009年‐2018年 日本工学教育協会理事

(社外委員)
1)2011/04-2012/03 文部科学省・産学官円卓会議・勉強会メンバー
2)2015/04-2016/03 COCN(産業競争力懇談会)「産学官技術人材流動化プログラム」メンバー
3)2015年-現在 東京工業大学グローバルリーダー教育課程審査員

(受賞)
1)1990 「画像符号化複合化のためのマイクロプロセッサ」でR&D100賞を受賞(米国R&D Magazine主催)(受賞
者はプロジェクトのリーダー)
2)1991/10 「イメージ任意角度回転方式」、平成3年関東地方発明表彰、発明奨励賞受賞
3)1992/11 「DSPを用いた3次元グラフィック・サブシステム」、第8回NICOGRAPH論文奨励賞受賞
4)2003/10 「3次元グラフィック用ジオメトリ・エンジン」、平成15年関東地方発明表彰、発明奨励賞受賞
5)2004/04 「携帯端末用”Z3D”グラフィックス・エンジン」、第6回LSI-IPデザイン・アワード受賞
6)2005/01 「ドームプロジェクタ」、2005年第48回十大新製品賞(日刊工業新聞主催)受賞(会社名で受賞)

書籍・論文