株式会社ワクコンサルティング

サービス

研修

業務プロセス研修

製造業業務プロセス研修の特徴

ワク製造業研修は、製造業業務プロセス研修を基盤として、ニーズに応じて、拡張しています。

業務プロセス研修の基本メニュー

研修の基本形をもとに、お客様のニーズに応じて、構成を調整し、ご提供させていただいています。

業務プロセス研修 製造業研修

研修レベル No 研修コース名称 日数 職種別 実務年数別
 製造業  IT企業 新入社員 2~5年 中堅
  システムエンジニア系 ソリューション営業系 コンサルタント系
入門編レベル0 B001 新入社員向け 製造業業務基礎研修 1    
B002 新入社員向け 製造業業務プロセス研修 2~3      
基礎編レベル1 B101 製造業業務プロセス研修 2~4    
B102 製造業の業務と基幹システム研修 2    
B103 経理基礎研修    
B104  生産技術能力育成研修 2~4        
B105 物流業務研修  2    
中級編レベル2 B201 実践S&OP 1 ●     
B202 実践基準情報管理(BOMを中心として) 1    
B203 実践MRP 1 ●     
B204 実践在庫管理と在庫削減 1 ●     
B205 実践 製造原価管理 1 ●     
B206 実践 生販在計画(PSI)の進め方 1 ●   
B207  管理会計研修  ●  ●  ●  ●    ● 
B208 中国工場品質管理研修 1~1.5 ※1  
B209  中国異文化コミュニケーション研修 1 ※1  
B210 現役 生産技術者が教える
「生産技術の業務を知る」研修
~製造現場へIoT、AI導入に向けて~
1 ●   
上級編レベル3 B301 リードタイム短縮の進め方 1  ●  ●  ●    
B302

グローバルSCM

2~3  ●  ●  ●    
B303

物流業実践

構内物流改善の進め方

1    
B304

物流業実践

輸送改善の進め方

1    

※1 ・中国工場の品質管理責任者及び担当者
      ・調達先中国工場の部品や材料の品質責任者及び担当者
      ・これから上記業務を担当される予定の方

業務プロセス研修 流通業研修

研修レベル No 研修コース名称 日数 職種別 実務年数別
 製造業  IT企業 新入社員 2~5年 中堅
  システムエンジニア系 ソリューション営業系 コンサルタント系
入門編レベル0 R001  新入社員向け 流通業業務基礎研修 1      
基礎編レベル1 R101 流通業業務プロセス研修 2~3      
R102

IoT・AI時代のICT営業・SE研修小売業編

~「ささる提案力」アップ講座~基礎コース

1      
中級編レベル2

R201

流通業実践研修 1~2    ●    
R202

IoT・AI時代のICT営業・SE研修小売業編

~「ささる提案力」アップ講座~実践営業力UPコース

2    ●    

業務プロセス研修の概要 レベル0:入門コース

新人研修のために設けたコースです。製造業や流通業の業務の基本を分かりやすく学んで貰います。また、SI会社やコンサルティング会社においては、若手社員にSAP社のアカデミーを受講させる前の準備コースとしてもご利用いただいています。

コース番号研修コース名研修の目的・内容期間
B001 新入社員向け 製造業業務基礎研修

製造業の主な仕事の仕組み(業務プロセス)を理解し、今後お客様をご対応されても困らないために以下を習得することを狙いとしてます。

   ・用語と業務プロセスに関する幅広い知識の習得

   ・お客様の言っていることが理解できる。(人・モノ・金、情報システム)

1日
R001 新入社員向け 流通業業務基礎研修

流通業業務を構成する基本的な要素を、IT提供者向けにわかりやすく整理し、
短期間(2日)で、流通業そのものを実感してもらい、
業務自体を具体的にイメージできる知見を養うことが狙いです。

解説の視点を、IT提供者側ではなく、消費者に置いています。
システムの戦略的活用や位置づけといった上流ではなく、
現場業務とそれに関連する基本的なITの解説が90%を占めています。
これから、IT提供者として<流通業全般に対応する際の常識>⇒流通業者とのコミュニケーションには、必須となる知見を得ていただくためのコースです。

1日

業務プロセス研修の概要 レベル1:基礎コース

製造業や流通業における実務経験のないSEやコンサルタントが客先の人と対話するのは難しいものです。製造業や流通業の業務の仕組みを体系的に学ぶことにより、客先との対話力、問題把握力、提案力を高めます。また、大型プロジェクトの立上げに際しプロジェクトメンバーの知識レベルを揃えるためにも使えるコースです。

コース番号研修コース名研修の目的・内容期間
B101

製造業業務

プロセス

製造業のサプライチェーン(計画、調達、生産、販売、物流)と開発設計、BOMなどの基準情報、品質管理に関する業務の基礎を学ぶことにより、

①お客様が業界用語を交えて説明される話が理解でき、円滑なコミュニケーションがはかれる

②お客様の要求を的確に把握できるようになる

③従って業務要件の確定が早く正確になり、ERP/PDM導入やSCM/PLM構築の上流工程の手戻りをなくすことを目的とするものであります。

2日~4日
R101

流通業業務

プロセス

流通業務、業界の基礎知識を学ぶことにより

①お客様が業界用語を交えて説明される話が理解でき、円滑なコミュニケーションがはかれる

②お客様の要求を的確に把握できるようになる

③従って業務要件の確定が早く正確になり、ERP、CRM、SCM構築・導入の上流工程の手戻りをなくす ことを目的とするものであります。

2日~3日
 B102 製造業の業務と基幹システム研修

 当コースは製造業支援システムの全体像を理解し活用の為のシステム利用技術の向上を目指す。

①製造業を支援するシステムは業務と密接に関係しながら全体がつながりその情報の 連携は複雑、且つ多岐に渡るため、部分的な学習の積み重ねではなかなか難しいので、まずは製造業システムの全体像を俯瞰した機能の理解をします。

②さらに各システムの機能と業務の関連を理解して初めて製造業のアプリケーションシステム全体像の理解が可能になり、効率的で手戻りのないシステム開発を実現する事が可能になります。

<特徴>
➢講師が現役コンサルタントのため、事例を元にした実践的な講義を主体としております。
➢当研修で製造業ITアプリケーションおよび業務プロセスの鳥瞰図を理解した人材が育ちます。
➢Q&Aを通して、個別のご質問にも対応させていただきます。

 2日
 R102

IoT・AI時代のICT営業・SE研修小売業編

~「ささる提案力」アップ講座~基礎コース

目的:小売業の動向等と提案作成プロセスを学び、今後の提案活動に生かす
概要:小売業界の動向等と「ささる提案」作成ポイントのレクチャーを行った後参加メンバーでケースを使い提案シナリオを作ります。

特徴:
1.小売業に特化した提案プロセス研修
    小売業のシステム動向を短時間で研修し、小売業への提案のイメージを掴む

2.少人数によるワークショップで具体的な提案の勘所を体得
    現実に即したケースを利用し、小売業への提案ポイントをわかりやすく体得する

3.講師の実務経験からの的確なアドバイス
    幅広い小売企業への提案経験から提案実務に即したアドバイスや提言が得られる

 1日
B103  経理基礎知識研修 

会計業務自体はパッケージソフトの導入が定着しブラックボックス化が進んでいます。しかし、これからはグロ
ーバル化で企業内外の取引条件が複雑化しIFRS15号の新しい収益認識基準の浸透も踏まえて、基
幹系システムの見直しが進むと考えられます。
このような時宜を踏まえて、これからの企業活動を担う入社2年目からベテランの方々へ、業務統合化が
進む中での経理の基礎の学習または既存の知識の見直しの機会をご提供いたします。

受講者への前提条件:物販企業の販売・生産・代金回収・支払業務の流れ(価値連鎖、サプライチェ-ン)の基本を
理解されていること(入社2年目以上)

 2日
 B104 生産技術能力育成研修 

 <目的と概要>

昨今、製造業においても人手不足の問題が表面化しており、特に中小企業では深刻な問題となっています。
人手不足の解消のためには生産設備を開発し現場の自動化を進めていく必要があります。
本研修では自分たちで現場の自動化を進めることができるようになるために、自動ライン開発の実務をベースとした
開発のポイントを学んでいただきます。

内容も難しい理屈・理論を説明するような講義内容ではなく実例をベースに理論をどのように使うのか、に重点を置
いていますので理解もしてもらいやすい内容に工夫しています。
機械や電気・制御を担当する方でなくとも理解しやすく役に立つ内容になっています。

◆研修の達成目標

 ・自動ライン構想の評価が数値でできるようになる。
 ・自動化の基本、運ぶ・止める・決める・確認・作業、の設計検討ができるようになる。
 ・生産現場データの整理ができるようになる。
 ・ライン、設備の評価を数値でできるようになる。

 2日
 B105   物流業務研修

 研修の目的・内容:

当コースは物流業務(物流業の機能、販売物流、物流IT、ロジスティクス・オペレーション、物流コスト、国際物流など)
を基礎から体系的に、事例及びケーススタディを交えて学ぶコースです。

物流業務及び国際物流、業界の基礎知識を学ぶことにより
①お客様が業界用語を交えて説明される話が理解でき、円滑なコミュニケーションがはかれる
②お客様の要求を的確に把握できるようになる
③従って業務要件の確定が早く正確になり、上流工程の手戻りをなくすことを目的とするものであります。

 

2日 

業務プロセス研修の概要 レベル2:中級コース

初級コースの内容をもっと掘り下げて理解したいという方のための掘り下げコースです。下記のテーマについて掘り下げを行ないます。

コース番号研修コース名研修の目的・内容期間
B201 実践 S&OP

国内におけるSCM導入の動きから10年以上が経過した今、企業各社が抱える新たな課題を示しながら、経営側からの事業計画と業務側からの実行計画を連動させるS&OPの概要について学びます。

①企業の抱える新たな課題が理解できます。

②S&OPとは何か、従来の方法との違を理解できます。

③S&OPによる効果を理解できます。

1日
R201 流通業実践研修

流通業業務の基本的要素と流通業全体を短期間で俯瞰でき、かつひとつひとつの業務目的やお客様の課題などを具体的にイメージし、解決方向性を創造できる知見を養うことを目的としています。

流通業界を構成する業種業態、それぞれの機能、お互いの関係、外部環境の影響などを俯瞰視点で把握します。
業種業態の特徴、具体的企業例を解説し、その中に存在する業務要素を整理します。
演習を通して重要な業務機能をピックアップし、目的・実務状況・問題点・課題などを理解します。
今回は、貴社専用です。小売業に特化し、業務をより深く理解するとともに、具体的企業を対象にした演習で、ITを活用した解決方向性を合議で導き出します。

 1日~2日
B202 実践 基準情報管理 (BOMを中心として) BOMの基本に加え、「製造業情報システムにおけるBOM」や「産業別BOMの特徴と今後の展開」 などBOMを様々な視点から深堀します。 1日
R202

IoT・AI時代のICT営業・SE研修小売業編

~「ささる提案力」アップ講座~実践営業力UPコース

目的:小売企業の課題・問題点を的確にヒヤリング・分析した上で、自社製品・サービス
    を「ささる提案」(費用対効果を鮮明にして)仕立てる力の養成をめざします
 概要:小売業の動向と展望及び「ささる提案」ポイントのレクチャー後、ケースを読み
    問題分析から提案書の作成、プレゼンテーションまでのワークショップを実施します

 特徴:1.小売業に特化した提案プロセス研修
      小売業界動向+提案プロセスを短時間で研修し、小売業への提案のイメージが掴める
    2.少人数によるワークショップで提案力をブラッシュアップ
      ヒヤリングから問題分析、提案プレゼンまでのプロセスを疑似体験し、提案の
      ポイントや改善点を体得します
    3.講師の実務経験からの的確なアドバイス
      幅広い小売企業への提案経験から実務に即したアドバイスや提言が得られます

 2日
B203 実践 MRP MRPは、企業の基幹システムであるにもかかわらず、理論のみに流れ、実践的な運用を学ぶ場は限られています。 当研修コースはそのニーズに応えるもので、
・MRPの理論のみならず、その運用についての課題やポイント ・MRPと製番方式、カンバン方式などとの違いや併用等について習得します。
1日
B204 実践 在庫管理と在庫削減 企業のキャッシュフローを大きく左右する在庫管理の仕組みや在庫削減の進め方を、ケーススタディを通して体験的に学ぶとともに、在庫削減の課題やポイントについても習得します。 1日
B205 実戦 製造原価管理

原価は経営管理の基盤であり、その元となる情報の多くは、
日常の全業務活動、そしてITシステムから収集され、
どのような領域の業務改善やITシステム構築においても、
原価との関わりを知ることは大切な要素となります。

しかしながら、「原価はとっつきづらい」との先入観念から、知識習得は敬遠されがち。
当研修コースは、そのニーズに応えるもので、製造原価管理の視点と、
ポイントとなる知識を習得します。

原価管理構築、ITシステム構築にかかわる方々の入門として、また、他の業務改善・IT化を進める際、
最低知っておきたい原価知識習得に焦点をおいた研修コースです。

1日
B206 実践 生販在計画(PSI)の進め方  生販在計画はSCMの出発点であり、生販在計画の良し悪しが企業の収益性を大きく左右します。
更には、それがグローバルな生販在計画となると、その影響は世界中の拠点にまで及ぶことになり、
精度の低さは失注(売上減)、欠品、納期遵守率低下、顧客満足度低下、在庫増、無駄の増加、
生産性低下、コストアップ等、様々な問題を引き起こします。本講座では、生販在計画の重要性
とその仕組みを学びます。
1日
B207 管理会計研修

 経理業務や関連業務に関する実践的な知識を修得して頂くコースです。

ご参考:
<1日目>
1.管理会計と制度会計・業務会計の領域区分
2.管理会計と制度会計の共通要素と差異および統合化
  傾向と要因を知る
3.管理会計に要求される情報機能要件
4.管理会計の基礎となるキャッシュフロー指標の活用
5.業績評価に有効なKPIの体系と情報リソース
6.固定費、変動費分解と意思決定への活用
7.責任会計に必要な標準/予算差異分析の活用
8.第1日の理解度テスト

<2日目>
9.予算編成有効化、効率化のために活用する管理会計
10.業績変化シミュレーションモデル作成(管理会計
11.設備投資の回収評価を行うモデルの計算練習
12.IT投資の定量効果分析
13.第2日の理解度テスト

 
B208 中国工場品質管理研修

どこの中国工場でも起きる問題点を4Mの視点で捉えます。
中国事情や中国人を理解することで、円滑なコミュニケーションを取れるようになります。
そして、自社中国工場及び取引先中国工場を指導するときのポイントを習得します。

1~1.5日
B209  中国異文化コミュニケーション研修

中国に工場があるのはあたりまえ、でも
製造業で中国に工場を持っているのはあたりまえのことになっています。ですが、中国で仕事をするにも関わらず中国のことをまったく知らずに行っている人が多いのが実状ではないでしょうか。そんな状況で着任後すぐによい仕事ができるでしょうか。答えは、NOです。
「敵を知り、己を知れば、百戦危うしからず」の諺通り、中国のことを何も知らないで行ってもいい仕事はできません。事前に中国工場のこと、中国人のことを学んで行くことで、円滑な業務の遂行につなげます。

・どうして間違いを素直に認めないのか?
・中国人の部下はどうして指示したことをやってくれないのだろう?
・責任感ってないのだろうか?
・どうしたら定着してくれるのか?

実はわたしも中国に赴任したばかりのころは、いつもこんなことを考え、ずいぶんストレスとなっていました。また、きちんと仕事を回すために中国人部下をどのようにマネジメントしたらよいか悩んでいました。

研修では、こうしたことがストレスとならないよう中国の人たちとのコミュニケーションがうまくいくためのポイントや中国人社員をマネジメントするための考え方や方法をお話しします。

本研修では、ケーススタディを使ったワークで実践力を身に付けていただきます。
長期短期に関わらず中国自社工場で技術指導などをされる方や、中国の取引先に行って仕事をされる方の仕事がスムーズに進み、より大きな成果を出すことを目指しています。

 半日

B210 

NEW

現役 生産技術者が教える
「生産技術の業務を知る」研修
~製造現場へIoT、AI導入に向けて~ 

製造現場へのDXソリューション導入を検討するためには生産技術者、生産技術業務を知ることが成功の早道となります。当研修では、ICTソリューション企業におけるAIICTを主管されるスペシャリスト、もしくは、製造業のICT部門の方々に焦点を当て、生産技術者、生産技術の業務の基本を理解することを目的としています。当研修を受講後には、生産技術業務の概要がわかり、生産技術者の方々と、IoTAIを適用するための生産技術業務に関する課題確認や、予算化プロセスを意識したコミュニケーション活動が行えることを目指しています。

研修内容としては、生産技術の業務が網羅的にわかること、IoT、AIとの接点の部分は詳しく説明する構成とし、生産技術者とのコミュニケーションの勘所も習得します。機械や電気・制御を担当する方でなくとも理解しやすく 役に立つ内容になっています。

 

 1

業務プロセス研修の概要 レベル3:上級コース

コンサルタントやSEにお客様をリードできる力を付けるためのコースです。 実績あるコンサルタントがそのノウハウを語ります。

コース番号研修コース名研修の目的・内容期間
B301

リードタイム
短縮の進め方

製造業は、需要の変動に機敏に対応できる態勢を整える必要に迫られています。それにより、変動の激しい顧客の要求に対応してビジネスを確保すると共に、需要に合わないモノを造るムダを省いて利益率を向上させることが出来ます。

そういう態勢を築くキーはリードタイムの短縮です。この講義では、リードタイムの構成要素を理解し、どうしたらそれが短縮できるかを学びます。

1日
B302

グローバルSCM研修

企業間や組織間を国際的に横に結ぶグローバル サプライ チェーンと、企業内または企業間を縦に結ぶ
エンジニアリングチェーンの両方の視点から、それらを支える計画と管理業務とその業務改善・改革の
基本を学習します。
サプライ チェーンの出発点でもある生販在計画の重要性とその仕組みと改革ポイント、及び昨今急激に
注目を集めているグローバルSCMのためのS&OP(セールス アンド オペレーションズ プラニング)、更に
企業のキャッシュ フローを大きく左右する在庫管理の仕組みや在庫削減の進め方、そしてサプライチェ
ーンとエンジニアリング チェーンに深く関わる「リードタイムの短縮」をテーマとして、その構成要素
と短縮するための基本的な改革方法をグローバルな視点を交えて学びます。

3日
B303

物流業実践 

構内物流改善の進め方

長年工場で生産工程の改善は絶え間なく続けてこられたと思います。もうやり尽くし、ネタも出てこないという感がありませんか?

でも物流のやり方を変えることでまだまだ改善のネタが見つかる工場は山ほどあります。

ここで構内物流のあり方を少し見直してみましょう。きっと工場全体の効率化につながるきっかけとなることでしょう。

この講座では「工場全体効率化」を図るために構内物流は何をすべきかについて話させていただきます。演習を織り交ぜながら、一緒に考え、一緒に論議することで構内物流の役割を体で覚えて帰っ下さい。

1日
B304

物流業実践 

輸送改善の進め方

会社で発生している物流コストの約6割が輸送コストです。このコストをうまくコントロールすることは会社の利益にも影響を与えます。そこで私たちは輸送コストをどう最適化していくかということに最優先で取り組む必要があます。

一方でトラックドイバーの高齢化に伴う輸送力不足が顕在しつあります。皆さんの会社の荷が10年後も確実に運べる体制を築いておくことを忘れてはなりません。また、運賃の値上げや荷主に対する国の施策強化など輸送環境は難しさを増しています。輸送コストと輸送能力、そして荷主としての改善点。この 3つのマネジメントをするには輸送のしくみや業界背景、国の施策を知る必要があります。

この講座では輸送を取り巻く環境を理解し、輸送事業者の選定から輸送価格の決め方、輸送改善方策の立案と実行まで、一貫した業務がきる人財を育成します。演習を通して自ら考えることでしっかり理解できる講座です。

1日

お客様ニーズに対応したスペシャル研修

基本メニュー以外にも、お客様ニーズに応じて、スペシャル研修を提供しています。

製造業の業種別特徴を加味した研修コース

研修コース名研修の目的・内容期間

中堅・中小製造業

製造業業務プロセス研修

製造業業務プロセス研修をベースに、中小企業の特徴(個別受注設計生産)を強化した研修コースです 1日

製造業業務プロセス研修

(プロセス型製造業強化版)

製造業業務プロセス研修をベースに、プロセス産業の特徴を強化した研修コースです 1日

 

お問い合わせ